菅生新のシネマモチベーション

バックナンバー

フィールド・オブ・ドリームス (1989)

“まずやってみる”ことの大切さ

フィールド・オブ・ドリームス

「あなたがやりたいと思ったらやってみたら?」という妻の言葉を受け、中年の父親は、夢の球場を作ってみる。
アイディアは誰にでも感じることができる。だけど、それを考えてみたら「できっこない」というネガティブな発想となり、行動できないのが世の常。この映画は、考えるよりも、まずやってみるということの大切さと素晴らしさを教えてくれる。 そして、少年の頃から、野球を通して存在した父子の愛、“心のキャッチボール”が描かれる。
夫婦、親子の心の絆はとても美しい。夢を互いに語り合い、その実現へと向かうことの大切さを訴えている。
“天の声”は誰にも聞こえているはずで、あとはやるか、やらないかだけのようだ。
あなたは今、どんな声を天から聞き、その声を自分でどう受け止めていますか?
その夢を家族と語り、夢へ向かって前進できていますか?

Contents Menu

最新のコラム

バックナンバー一覧


動画配信中!

新番組スタート

「菅生新のビジネスハンター」
ビジネスハンター達との
熱き対談を紹介!


スゴー本、好評発売中!

成功した企業家はなぜモチベーションを持ち続けられるのか

これが話題沸騰“スゴー本”! 「成功とは自分が立てた目標をひとつずつ実現し続けること」・・・菅生新の成功論を1冊に集約。 第一線で活躍するベンチャー企業社長の成功事例も満載。人生に成功したい全ての人必読!


菅生新相談室
素晴らしき哉、人生
サクセスファイター